BALMって何?(バーム)

ダイゴロウ

スタイリング剤として最近良く聞く

バーム

バームって何?
ワックスと違うの?オイルとも?

というお声にお応えするブログです

style Club

バームとは何か

バームの目的は、髪の毛の保護とスタイリング

ワックスと何が違うのか、、、と思うと思いますが、基本的にバームはオイルが半固形状になったものです

オーガニックのオイルを使用しているものが大半です。
分類的にはワックスと同類

用途

ヘアスタイルリングはもちろん、ハンドクリームとしても使えるというところが大きい要素の一つです。

そして最近のヘアスタイルの流行である
束感
ウェットな質感
ベタつかずサラッと馴染む
を、再現しやすいです。

*アリミノstyle Club パンフレット抜粋

上記のようなスタイリングをするにはバームが適切

いやいや、そんなスタイリングしないよ!ってお思いの方

前髪や、サイドの髪の毛につけるだけでも効果的です

つけてない前髪だと

こうなります

バームつけるとこうなります

ちょっとした束感とウェットな質感が出ます
ちょっとの差ですが、必要なオシャレです

使い方

まず適量を手に取ります

ピーナッツ一つくらいです、毛量などにもよるので参考まで

よく馴染ませます

すると、オイル状に変化しますので、
髪の毛の中間から毛先に、全体的に馴染むように使用してください。

これって、、ワックスでもできるんじゃないの?と、お思いかと思いますが

はい、出来ないことないです。


ですが、ワックスには
スタイリング力が強めなものが多く、時間が経つとパサついてくるものも多いのです。あと、ベタつき、が出やすいです。

その点、バームですと
保湿力が高めなので、長時間でもパサつきません。サラッと馴染むので使いやすいです。


スタイリング力を求めるのであれば、ワックスの方が良いと思いますが、質感をチェンジさせるのであれば、バームが良いです。

使用上の注意点

そんなバームですが、使用上の注意もあります。

NG行為
髪の毛の根元につけてしまう

これはNGです!!!
根元には毛先よりも油分が多いので、オイル成分と馴染みやすく、べとつきの原因にもなります。

使用する場合は、頭皮付近にはつけず、髪の毛の中間から毛先に使用してください。
バームはオイルなので、使用量にも注意が必要です
これは、毛量や髪質にもよるので、少量ずつ使用してください。

まとめ

  • ヘアオイルよりも、多少セット力のあるワックスよりも、伸びがよい
  • ハンドケアにも使用できる
  • ハンドバックに入れても邪魔にならない大きさ
  • フンワリほのかな良い香りを漂わせる
  • 流行のスタイリングにもってこい
  • つけ過ぎ注意

以上になります!皆様も使ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました