ホワイトアッシュのカラー レシピ公開

ダイゴロウ

こんにちは。

今回は、美容師ならば一度は手こずる

ブリーチからのアッシュ系(ホワイトアッシュ)の私的レシピ

あくまでも私的レシピなので、ほんと、参考までに。

まず、ビフォーアフター

左Before 右after
  1. ブリーチの大切さ
  2. 傷めないように気をつける (ケアブリーチ)
  3. 色を乗せる(今回はハーブカラー)

1.ブリーチの大切さ

皆さま知っての通り、より透明度の高い ホワイトアッシュをするには髪の毛の色素を抜かなければなりません。
なので、今回は合計 3回のブリーチをしました。

今回使用したブリーチ剤は、タマリスパウダーブリーチ様

業界最強の脱色力、パウダー状なのでオキシと混ざりやすく扱いやすいです。

そして、そのブリーチに混ぜるのがこれ!

2 傷めないように気をつける (ケアブリーチ)

ロレアル スマートボンド様

ロレアルさん的にはカラー剤の後処理としてのトリートメント剤ですが、ブリーチ剤に混ぜることにより、なるべく傷めずにブリーチをすることができます。

このアイテムでブリーチします

ここは気合で塗ります!

塗りまくります、塗布量は多めの方が良いです。
タップリと!タプタプ!タプタプタプタプ!

乾燥はダメージを招きます!気をつけて!!

1回目 オキシ6% 3倍 おぉっ!てなります
2回目 オキシ3% 3倍 満足しがちです
3回目 オキシ3% 3倍 もう疲れてくる頃ですがもう一押し!

という気持ちでがんばります

共に 30分放置 加温なし

そして、3回した後がこれ

そうです、いわゆる金髪です。

できれば、15レベル以上になるようにします

3.色を乗せる

ここからが勝負です!

金色の光を放つ黄色味を抑える必要があります。
黄色の相対色は

ラベンダー様 もしくは ヴァイオレット様

を塗ります。

今回は私のお気に入り、

ナチュラルハーブカラー様

傷まぬ! 媚びぬ!省みぬ!

これを通常はお湯又は水で3倍で使うのですが今回はなんと40倍!!
ハーブカラー3g対して さ湯120ml

通常のアルカリカラー剤でも可能です。
その場合は薬剤によりますが、結構クリア剤などで薄めて使用することをオススメします。

もはやただ色付きお湯を塗ります!塗りまくります!

フハッ ! フハハハハハッ!!

するとー!

おおおおおー!

セフィロス様!

どこかの誰かの参考になればと思います

もし、ご自分でカラーをブリーチしようとされている方がいましたら、超絶オススメしませんので、プロに任せましょう。

大西様も頑張っておりますこのようなウィックが増えてきています!!

タイトルとURLをコピーしました