トレンドとパーソナルとオートクチュール

ダイゴロウ
black and silver skeleton key on brown wooden table
Photo by cottonbro on Pexels.com

久々に講習会に参加してきたのです

お店を自分で経営するようになってから中々技術講習に参加することも少なくなり(コロナのせいもあり)

今回かなり刺激をいただきました
脳みそリフレッシュです

今回の講師の方は
新潟に本拠地を置く 由藤さん

新潟の美容室SNIPS(スニップス) | 由藤 秀樹|SNIPSグループオーナー / アートディレクター
新潟市内に南万代・万代・新潟駅南・小新の4店舗のサロンを運営するSNIPS(スニップス)グループ。カット・カラー・パーマ・メイク・ヘッドスパ・ネイルなど、トップレベルの技術で女性のキレイを叶えます。

私の尊敬する美容師の方です
美容師としての考え方などに共感しています

もちろん技術も最強。そして熱量がすごい
たった2時間の講習があっという間で、もっと学びたいです

その中で印象深いものを記録していきます

まずは
「美容師はヘアのオートクチュールを作り上げること」

トレンドも知りながらお一人お一人にあったスタイルを提供すること。

当たり前のようで中々できなくなってしまうことなんです(もちろん営業では全力ですがW)

snsなどで流行などを追っていくと
どうしてもそっちよりのヘアになってしまったり(韓国ヘアとかハンサムショートとか)
はたまたいつもと同じになってしまったり

もちろんお客様の気持ちを踏まえてのことなんですが、もう一息踏み込めなくなったりしちゃうのです

トレンドって、あるようでないようなもので。

例えば最近撮らせてもらったこの写真
トレンド満載です

前髪のウェーブ感 ウェット感 
トレンドのホワイト 太めな眉

などなど

これはモデルさんに似合うようにトレンドを意識しながらも
ちょっとモード感を出すようにスタイリングしました
可愛いですよねー

でもオートクチュールって考えるとちょっとトレンド意識しすぎたようにも思います

今日お話を聞いた中で
『おしゃれなお客様を待つのではなく、
おしゃれなお客様を作って差し上げる』

これはその通りだと思います 
おしゃれなお客様を呼び込む戦略より
あそこにいったらおしゃれになれる

宇都宮のおしゃれになれる美容室と言えば&Daysでしょ

と思われることが何よりなわけで僕らが存在する価値でありたいです

ほんとこの講習会に感謝 
あーーーやばかった
いつの間にか待ちの姿勢になっていたなと反省

何より良いものを作りたい!!!
喜んでいただきたい!!!
って言いう熱量を再確認しました



オートクチュールなヘアを作るってことは
容師がお客様の個性を引き出すって事

毎回もっと素敵にして差し上げるには、ってこと



まだまだ若造な私です、諸先輩型を真似て
学んで追い越す勢いで頑張ります

今回 企画していただいた
きくや美粧堂さん
一緒に参加してくれる 千琴
いつもへ〜って言う情報をくれるクルッカ床井さん

そして由藤さんをはじめとするsnipsの皆さん

ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました